ホーム

               《落語会開催における高座(こうざ)およびその他の御準備について》

@高座の高さ
 ※基準はお客様の目線が、高座に座る演者のヒザのあたりになような高さです。
   
     
     ア)お客様が座布団に座られる場合は客席から最低80cmあれば充分です。
  
 
     イ)お客様が椅子に座られる場合は床から最低100〜110cm必要です。

       ※公共施設では備え付けの所作台や馬、箱馬などを使って作っていただいているようです。

        ※公民館等で行なう場合は、長机を重ねていただいたり、卓球台を使ったりして作っていただいたりした
         ことも過去にございます。ただ、安定を欠くと崩れる可能性がありますので、紐、針金、ガムテープ
         などで適宜補強お願い致します。また、長机を使用する場合、上に演者が乗るとギシギシと雑音がおこ
         る場合があるので、
予めお試しいただき、音がする場合は、上にベニヤ板やコンパネ、畳などを敷いて
         いただいて御対応くだされば幸いです。


A高座の広さ  
 ※会場の大きさにもよりますが、ある程度の高座の広さも必要です。

   最低、幅180cm〜200cm × 奥行き110cm〜180cm
があればと存じます。  

B階段および踏み台
 ※高座に出演者が上がるための階段か踏み台をご用意下さいませ。
   箱馬や木箱等で
作っていただいても構いません。
 

C高座に敷くもの
 ※当日、当方で赤い毛氈(赤い布)をお持ちしますのでそれを、台にかけて高座は完了です。

D座布団 
 ※大き目の座布団をご用意下さい。もし難しければ、高座用の座布団を持参致します。

E高座の背景 
 ※高座の後に屏風があればベストですが、なければなくても構いません。但し、
高座の背景の壁が柄もので
   うるさかったり、窓ガラスや鏡の場合は障子や襖、カーテン等で高座の後を隠していただきますと幸いです。

F出演者の名前のビラ 
 当日は出演者の名前のビラ(めくり)と、めくり立ては持参致します。
   もし、主催者様で全体の進行の紙をご用意される場合はそちらを使わせていただきます。

《落語会の高座例》 実際に落語会を開催していただいた会場の写真です。

  

  

Gその他
  ア)着替え用に別室(楽屋)をご用意下さい。和室でも洋室でも構いません。
    楽屋に姿見(鏡)があればベストですが、なければなくても構いません。

  イ)出囃子(演者が高座に上がる時の曲)はカセットテープまたはCDを持参致しますので、再生可能な機材
    (CDラジカセ等)をご用意下さい。
    出囃子については、三味線方のメンバーが同行する際は生の音で行ないます



◎以上、何かご不明の点がございましたら、ご遠慮なくお尋ね下さいませ。

        お問い合わせ先:sokotuya@yahoo.co.jp (粗忽家酔書)


                        ホーム