第11回コミカレ寄席

2007年10月27日(土) 14時開演 棠館笑劇場 入場無料
三味線:粗忽家紫よい  お茶子:粗忽家千よい

開口一番〜「鈴ケ森」 粗忽家 酔書

開口一番のネタは短くて笑いの取れるものがベストなので
「鈴ケ森」に決定。お客様は決して多くはなかったものの、ツボ
ではちゃんと笑って下さったので、一安心。開口一番の役割を
なんとか果たしていよいよ会員の皆さんへバトンタッチ。
「子ほめ」 粗忽家 酔馬

今回が2回めの高座の酔馬さん。今回は前座噺の定番「子ほめ」
に挑戦。早い段階で噺をお腹に飲み込んで、自分の言葉で語れ
ていたので、あとはどう人物の色分けをするかでした。本番では
八っつあん、隠居さんも酔馬さんの明るいキャラで好演。伊勢屋
の番頭さんに至っては超イケてるリアクション(ようよう!町内の
色男〜♪)もはまって大変結構な高座でした。
「大師の杵」 粗忽家企

いつもマニアックなほのぼのネタを出してくる彼の今回の
演目は、修行中の若かりし空海の空白の数年を描いたと
いう貴重なネタ。川崎大師にはそんな逸話が本当にあった
のかとお思いの方は、ご自身でお確かめを。それは○○だ!

紙切り 粗忽家 酔書

ハサミ試しで「藤娘」のあと、お囃子さんとの打ち合わせでは「相々傘」
を切る予定が、思わずいつもの流れで「宝船」を切ってしまいました。
「相々傘」に合わせて「深川くずし」を用意して下さった紫よいさんには
申しわけなかったです。リクエストは「不動妙王」に「バトミントン」。まだ
まだ勉強が足りません。ジャンルを考えず貪欲に興味を持っていないと
切れませんね・・・
「二番煎じ」 粗忽家 酔三

いまやコミカレ落研では最長老となった酔三さん。今回は冬の大ネタ
「二番煎じ」に挑戦です。この噺は登場人物も多いし、酒を飲む所作
や猪鍋をつつく所作などがあり、なまじっかの人では挑戦さえできま
せん。そこは、もうコミカレでは大ベテランの酔三さん。見事にやって
のけました。途中ではお客様から中手(噺の途中でもらう拍手)も!
上々の高座で今回の寄席を締めくくりました!


らくごあるばむトップ    ホーム